【即解決】ヘッドライトの黄ばみを除去!簡単に取る方法と手順を徹底解説

    「ヘッドライトの黄ばみを落とすにはどうすればいい?」
    「どういった手順で進めたらいいの?」
    「簡単に汚れを取る方法は?」

    本記事は上記のような疑問にお答えします。

    長く車に乗っていると、ヘッドライトの汚れや黄ばみが気になりますよね。黄ばみを放置すると、ヘッドライトの明るさが落ちてしまい、夜間や悪天候時の事故のリスクが高まります。

    しかし、ヘッドライトの黄ばみを取るという作業に馴染みがなく、何をすればいいか困る方も多いはず。

    そこで、本記事では黄ばみを取る方法と手順について、徹底的に解説します。この記事を読めば、黄ばみを簡単に除去する方法がわかるでしょう。

    目次

    ヘッドライトクリーナーを使えば、簡単に黄ばみを取れる

    ヘッドライトの汚れを取り除く方法として、市販のヘッドライトクリーナーをおすすめします。初心者でも作業が簡単で、黄ばみやくすみを除去するのに適しているためです。

    また、汚れを落とすクリーナーとヘッドライトを保護するコーティング剤が一緒に入っており、別途購入する手間が省けます。価格相場も1,000円〜3,000円と、比較的安価に入手可能です

    あわせて読みたい
    【徹底検証】最強のヘッドライト黄ばみ取り!おすすめランキング8選比較紹介 「ヘッドライトの黄ばみが全然とれない」 「最強のヘッドライト黄ばみ取りは何だろう」 「種類が多くて結局どれがいいかわからない」 上記のように、お考えではないでし...

    モビフル編集部のおすすめ商品は、おさるのスゴピカ「クリアライト」です。その特徴は、高い効果と圧倒的な楽さです。

    スプレーボトルから溶剤を吹きかけるだけで汚れが浮き出るため、楽な力で落とすことが可能です。黄ばみ・くすみが落ちやすいため、大人から子どもまで誰でも簡単に施工できます。

    \スプレーするだけ!スプレーで黄ばみが落ちる

    おさるのスゴピカ クリアライトおさるのスゴピカ クリアライト

    家庭用品で黄ばみを取るのはおすすめしない

    家庭用品で代替してヘッドライトの黄ばみを取ることはおすすめしません。

    家庭用品は手軽に準備ができ、ある程度汚れを落とすことができますが、それは本来の用途ではなく、メーカーが推奨していない場合がほとんどだからです。そのため、施工は自己責任で行う必要があります。

    具体例として、実際に家庭用品で黄ばみを除去できるのか検証しました。検証した商品とその効果比較は下記になります。


    特に身近な商品の激落ちくんとマジックリンは汚れを落としきれず、くもりが残る結果となりました。一方、液状金属磨きであるピカールは黄ばみを除去し、綺麗に仕上がりました。

    しかし、いずれの家庭用品もコーティングを施さないとすぐに黄ばむため、効果は一時的です。より効果的に汚れを除去・コーティングするなら、市販のヘッドライトクリーナーを使う方がおすすめです。

    このように、傷がつく恐れがある上に効果も低く、コーティングができないため家庭用品の利用はおすすめしません。

    ヘッドライトの黄ばみ・くもりを落とす方法

    ここでは、ヘッドライトの黄ばみを落とす方法と手順をご紹介します。主に下記3つの方法があります。

    ・市販のヘッドライトクリーナー
    ・耐水ペーパー、研磨剤
    ・業者

    順を追って説明します。

    市販のヘッドライトクリーナーを使う

    黄ばみを落とす方法として、お手軽なのは市販のヘッドライトクリーナーを使うことです。特に溶剤タイプであれば、特別な技術や道具を必要としないため誰でも簡単に利用できます。

    ここでは、おさるのスゴピカ「クリアライト」を例に施工ステップを解説します。基本的に、市販のヘッドライトクリーナーは説明書がついているため、基本的に購入した商品の説明に従うだけで簡単に施工できます。

    【手順】

    ①ゴミやホコリを落とすために洗車する
    ②マスキングテープで養生する
    ③ヘッドライトにクリーナーを吹きかける
    ④浮かび上がった汚れを乾いたマイクロファイバークロスでふき取る
    ⑤水でヘッドライトを洗い流してから拭きする
    ⑥付属のコーティング剤を塗布する

    耐水ペーパーと研磨剤で磨く

    市販のヘッドライトクリーナーより手間がかかりますが、耐水ペーパーと研磨剤を用いることで、徹底的に黄ばみを取り除けます。

    基本的に頑固な汚れも落とせますが、力加減や落とし方を間違えるとヘッドライトが傷つく恐れがあります。また、均一に表面を磨く必要があり、初心者だとムラができやすいです。

    耐水ペーパーに限った話ではなく、研磨剤を使用した市販商品も適切に使用しないとヘッドライトに傷がつく可能性があることに留意しましょう。

    ここでは手順のほかに、施工にあたって必要な準備物も解説します。

    【用意するもの】

    ・マスキングテープ
    ・耐水ペーパー

    ・研磨剤
    ・コーティング剤

    【手順】

    ①ゴミやホコリを落とすために洗車する
    ②水に濡らした耐水ペーパーで磨く
    ③研磨剤で磨く
    ④コーティング剤を塗布する

    ②では、耐水ペーパーは目の粗いものから細かいものへと段階的に磨きます。耐水ペーパーの目の粗さは数字で示されており、数字が大きくなるほど目が細かくなります。基本的には、粗さの異なる耐水ペーパーを3種類ほど準備しましょう。

    目安として、黄ばみがひどい場合は1000番や1500番の耐水ペーパーで磨きましょう。一方で、さほど黄ばみが強くない場合は2000番程度から始めると良いでしょう。

    水をかけて作業を行う必要があるので、バケツに水を入れて付近に用意するなどし、適宜濡らしながら施工しましょう。傷が残らないように、力を入れすぎず優しく磨くことを意識しましょう。

    ③では、研磨剤(コンパウンド)を使ってさらに細かく磨いていきます。耐水ペーパーで平らにならせなかった小さな傷を綺麗に仕上げることができます。時間をかけて丁寧に施工するのがコツです。

    業者に依頼する

    専門知識と技術を有するプロに依頼することで、確実にヘッドライトを綺麗にできます。手間と時間を節約できるため、忙しい方や作業に慣れない方には有効な手立てでしょう。

    下記は、ヘッドライト磨きを大手業者に依頼した場合の料金相場と時間になります。自分で取り組んだときのケースについてもまとめてありますので、比較材料としてご確認ください。

    業者 施工料金(税込) 施工時間
    オートバックス 3,300円~(店舗による) 20分~
    イエローハット 2,200円~(店舗による) 30分~
    タイヤ館 5,500円~(店舗による) 60分~
    ジェームズ 3,280円~(店舗による 15分~
    ガソリンスタンド(KeePer) 8,170円~ 40分~
    自分で(DIY) 2,000円~ 15分~

    この料金は、各業者の定めるプランの最低料金になります。そのため、黄ばみを取るだけでコーティングを行わないプランもあります。

    コーティングしないとヘッドライトがすぐに劣化するため、必ずコーティング付きのプランにしましょう。イエローハットのヘッドライトコーティングの料金は8,600円です。プロが黄ばみを除去するので安心感はありますが、基本的に業者への依頼は割高になります。

    一方、市販のヘッドライトクリーナーはコーティング剤つきで1,000円〜3,000円と、比較的安価で使用することができます。

    以上を踏まえると、業者に依頼する方法は金銭的に余裕のある方や、頑固な汚れを徹底的に除去したい方におすすめです。

    ヘッドライトが黄ばむ原因

    ここでは、ヘッドライトが黄ばむ原因について解説します。主な原因は下記の3つになります。

    ・紫外線による経年劣化
    ・傷に蓄積
    ・バルブの熱によるダメージ

    いずれも、車のヘッドライトの素材である、ポリカーボネートの特性が大きく関わっています。それぞれ詳しく説明していきます。

    紫外線による経年劣化

    長時間紫外線にさらされると、ヘッドライトの表面が徐々に劣化します。ヘッドライトを構成するポリカーボネートですが、プラスチックの中でも強度が特に強い特性を持っています。

    しかし、紫外線に弱いという欠点があります。紫外線を浴び続けることで、ヘッドライトの透明度が低くなり、黄ばみやくもりの原因となります。

    そのため、特に屋外に駐車をする機会が多い車や、長時間直射日光にさらされる車は、この影響を強く受けます。

    傷の蓄積

    ポリカーボネートは傷に弱いという性質があり、日常的な使用でできる小さな傷も黄ばみの原因となります。車は走行中の砂ぼこりやゴミ、虫によって傷が蓄積されます。

    また、洗車の際に硬いブラシや不適切な洗剤を使用すると、ヘッドライトに細かな傷が付くことがあります。具体的には、洗浄力の強すぎる家庭用洗剤や、粒子が粗い研磨剤を用いると傷が付きやすくなります。

    これらの傷が積もると表面がざらざらになり、光の透明度が悪化します。結果として、ヘッドライトが曇って見え、黄ばみやすくなります

    バルブの熱によるダメージ

    ヘッドライト内部のバルブから発せられる熱も、黄ばみの原因となります。本来、ポリカーボネートは耐熱温度が120℃と熱に強い素材です。

    しかし、長時間連続で使用すると電球は高温状態が続き、その熱がヘッドライトに伝導することでヘッドライトは劣化します。特に、ハロゲンランプは使用時間が長くなると熱くなりやすいため、熱の影響は顕著です。

    ヘッドライトを綺麗に保つ方法

    ヘッドライトをせっかく綺麗にしても、維持しなければ途端に黄ばみが復活します。

    ここでは、ヘッドライトの黄ばみを予防し、綺麗を保つ方法を解説します。主に、下記3つに取り組むと良いでしょう。

    ・コーティングで保護する
    ・黄ばみ防止フィルムで保護する
    ・カバーを付けて保護する

    それぞれ詳しく説明します。

    コーティングで保護する

    ヘッドライトの表面にコーティングを施すことで、黄ばみを防ぐことができます。黄ばみを除去した後、コーティング剤を均一に塗布することで、紫外線や汚れからヘッドライトを守ることができます。
    自分で施工すると費用を抑えることができるため、安く済ませたい方におすすめです。

    なお、均一に塗布できていなかったり、塗りムラがあると効果をうまく発揮できないため、丁寧に作業を進めましょう。

    黄ばみ防止フィルムで保護する

    黄ばみ防止フィルムを貼ることで、黄ばみを予防することもできます。コーティングより厚みと密着性があるため、黄ばみの主要な原因である紫外線を徹底的にカットできます。

    また、飛び石や砂ぼこりによる傷からヘッドライトを守れます。すでに黄ばんでしまったヘッドライトも、汚れを取り払えばその上から保護することができます。

    フィルムは耐久性が高く、数年間効果が持続するためコスパも優れています。

    カバーを付けて保護する

    青空駐車をしていると、車に直射日光が当たり続けるため、紫外線の影響を強く受けます。屋内の駐車場や屋根のある駐車場の確保が難しい場合、カバーを付けて車を保管すると良いでしょう。

    カバーは、車のヘッドライト部分を物理的に保護するためのアクセサリーです。付けることで、停車中の紫外線やホコリ、飛び石などからヘッドライトを守ることができます。

    一方で、毎日車に乗る方はカバーの着脱に手間がかかることが難点です。

    まとめ

    ヘッドライトの黄ばみを取る方法と手順をご紹介しました。ヘッドライトの汚れは市販のヘッドライトクリーナーを使って取り除くことをおすすめします。

    コスパよく黄ばみを取り除くことが可能だからです。よほど頑固にヘッドライトが黄ばんでいない限り、市販のヘッドライトクリーナーで十分落とせます。

    今回ご紹介した、おさるのスゴピカ「クリアライト」は黄ばみの除去力と使いやすさが特に優れています。また、施工工程も少なく労力も必要ないので、老若男女問わず誰でも簡単に汚れを一掃できます。

    今回ご紹介した方法を参考に、自分にあった方法を実践してみましょう。

    \スプレーするだけ!スプレーで黄ばみが落ちる

    おさるのスゴピカ クリアライトおさるのスゴピカ クリアライト


    よかったらシェアしてください!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる