【徹底検証】最強のヘッドライト黄ばみ取り!おすすめランキング8選比較紹介

「ヘッドライトの黄ばみが全然とれない」
「最強のヘッドライト黄ばみ取りは何だろう」
「種類が多くて結局どれがいいかわからない」

上記のように、お考えではないでしょうか。

ヘッドライトの黄ばみやくすみってなかなか取れないですよね。

そんな時に役立つのがヘッドライトクリーナーですが、多種多様なためにどれを買えばいいのか迷う人も少なくないでしょう。

そこで、モビフル編集部が人気のヘッドライトクリーナー8商品を徹底検証し、ランキング形式でご紹介します。

この記事を読めば、ヘッドライトクリーナーで最強の商品がわかるでしょう。商品選びに悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

\スプレーするだけ!スプレーで黄ばみが落ちる

おさるのスゴピカ クリアライトおさるのスゴピカ クリアライト

目次

ヘッドライトクリーナーの失敗しない選び方

まず、商品選びで失敗しない方法をご紹介します。それは、自分に合った商品を選ぶことです。

ヘッドライトクリーナーは、大きく以下の3タイプに分類できます。

・傷をつけずに汚れを落とすなら「溶剤タイプ
・頑固な汚れには「研磨剤タイプ
・時間をかけたくない人には「一体型タイプ

ひどい黄ばみを落とすだけなら、基本的に「研磨剤タイプ」が有効です。しかし、ヘッドライトの表面を削るため、が傷が付く恐れあります。

それぞれのタイプの特性を踏まえたうえで、自分に適した商品を選びましょう。

傷をつけずに汚れを落とすなら「溶剤タイプ」

溶剤タイプのヘッドライトクリーナーを塗布している写真と、そのビフォーアフターです。

ヘッドライトを傷つけずに黄ばみを除去したい場合は、「溶剤タイプ」がおすすめです。

ヘッドライトに付着した黄ばみやくすみを溶かして滑らかにするため、誰でも簡単に施工ができるのが特徴です。

研磨剤で磨く必要がないため、手間と時間をかけずに汚れを取り除くことが可能です。楽に汚れを一掃したい人にピッタリでしょう。

頑固な汚れには「研磨剤タイプ」

研磨剤タイプのヘッドライトクリーナーを塗布している写真と、そのビフォーアフターです。

手ごわい黄ばみやくすみを落としたい方は、「研磨剤タイプ」がおすすめです。

ヘッドライトの表面を磨き落とすため、頑固な汚れも落とせるのが特徴です。

しかし、ヘッドライトを削るため表面に傷がつく恐れがあります。そのため、取り除いた黄ばみがすぐに再発する可能性があり、耐久性がない傾向があります。

また、磨き上げに労力を要するため使う人を選ぶ点もデメリットです。

時間をかけたくない人には「一体型タイプ」

一体型タイプのヘッドライトクリーナーを塗布している写真と、そのビフォーアフターです。

ヘッドライトの黄ばみ取りを手早く済ませたい方は、「一体型タイプ」がおすすめです。

黄ばみを除去するクリーナーと、ヘッドライト表面を保護するコーティング剤が一緒のため、少ない工程で汚れが取れるのが特徴です。

比較的値段が安いため入手しやすく、作業の時短になるのが利点です。

ただし、クリーナーとコーティング剤が単体の場合と比較して、肝心の効果が低いのが欠点です。

ヘッドライトの黄ばみ取りおすすめ最強ランキング8選

ヘッドライトの黄ばみ・くすみを取り除くための、ヘッドライトクリーナーを検証結果に基づいてランキング形式で紹介します。

評価のポイントは以下の4つです。

「効果」
「使いやすさ」
「コスパ」
「時間」

「汚れの除去力」に加え、「使いにくくないか」・「施工可能台数」・「施工にかかる時間」など、総合的に検証しました。施工環境は気温27℃、晴れの日です。

検証項目をそれぞれ開設している画像です。「効果」は、最も重要な項目です。 黄ばみとくすみがどの程度落ちるかを検証しました。「使いやすさ」は、施工にあたって商品の使いやすさや使用感を検証しました。「コスパ」は、商品の値段に対して、施工が可能な台数をコスパと定めて比較しました。「時間」は、施工開始からコーティングまで、どれだけ時間がかかるか測定しました。

なお、重要になるのは「黄ばみがどれだけ取れるか」なので「効果」の観点を重視しますが、優劣が付かない場合は「コスパ」で評価します。効果に対して値段が良くても施工可能な台数が少なければ、最強といえないと判断したためです。

おすすめランキング8選から自分に合った最強のヘッドライトクリーナーを見つけてください。

下記は、本ランキングの早見表になります。

順位 商品名 効果 使いやすさ コスパ 時間
1 おさるのスゴピカ クリアライト
2 ヘッドライト復活 プレミアムコート
3 スマートシャインヘッドライトコートNEO 
4 ヘッドライトクリーナー ゼロリバイブ 
5 LOOX(ルックス)ヘッドライト クリア&プロテクト
6 ウルトラハードクリーナー&コーティングヘッドライト用 
7 ヘッドライトくすみ取り透明度保護COATプラス
8 魁磨き塾 ヘッドライトコンパウンドラク速

1位:ステイゴールドジャパン おさるのスゴピカ クリアライト

おさるのサルピカ「クリアライト」の写真です。専用スプレーで溶剤を噴射している画像と、そのビフォーアフターです。

ブランド ステイゴールド
価格 2,480円
内容量 70ml
施工可能台数 普通車3~4台
溶液タイプ 溶剤タイプ
液性 弱アルカリ性
効果:◎
使いやすさ:◎
コスパ:〇

時間:◎

おさるのサルピカ「クリアライト」は高い効果と圧倒的な楽さを兼ね備えた逸品です。

溶剤タイプですが、研磨剤タイプと同様の効力を発揮します。使いやすいスプレーボトルで手軽に使用でき、吹きかけるだけで汚れが浮き出るため施工が簡単です。

検証では、黄ばみ・くすみを楽な力で落とせました。また、短時間で施工ができ、5分足らずでヘッドライトを綺麗にできました。

研磨剤不使用なので車体へ傷を与える心配がなく、無臭なのも嬉しいポイントです。他の商品と比べると少し値段が高いですが、それに見合った効果を発揮してくれる商品です。

\スプレーするだけ!スプレーで黄ばみが落ちる

おさるのスゴピカ クリアライトおさるのスゴピカ クリアライト

2位:カーメイト ヘッドライト復活 プレミアムコート

ヘッドライト復活 プレミアムコートの写真です。表面を研磨している画像と、そのビフォーアフターです。

ブランド カーメイト
価格 1,364円
内容量 60ml
施工可能台数 普通車2台分
溶液タイプ 研磨剤タイプ
液性 弱アルカリ性
効果:◎
使いやすさ:〇
コスパ:〇
時間:〇

カーメイトのヘッドライト復活プレミアムコートは施工工程が比較的少なく、取り扱い説明が写真付きのため簡単に使うことが可能です。

研磨剤タイプのため効果もピカイチで、効果的に汚れを除去し、クリアに仕上がります。

しかし、黄ばみやくすみの研磨には根気が必要で、時間と労力をかける必要があります。

3位:CCI スマートシャインヘッドライトコートNEO 

スマートシャインヘッドライトコートNEO の写真です。表面を研磨している画像と、付属品の注射器でスポンジに研磨剤をかけている画像になります。。

ブランド CCI
価格 1,581円
内容量 42.2ml
施工可能台数 普通車1台分
溶液タイプ 研磨剤タイプ
液性 中性
効果:◎
使いやすさ:△
コスパ:△
時間:△

CCIのスマートシャインヘッドライトコートNEOは、付属品の豊富さが大きな特徴です。

施工は本格的で、別途個人で用意するものがない点が魅力的です。黄ばみとくすみも徹底的に除去し、本格仕様に見合った性能を発揮してくれました。

しかし、他の商品と比較して施工に時間がかかる点がデメリットです。特に、コーティング剤の混合液を作る工程が複雑で、難しいと思う人が多いかもしれません。

また、1台使いっきりタイプなので、使いわましたい人にはコスパが悪いと感じるかもしれません。

4位:シュアラスター ヘッドライトクリーナー ゼロリバイブ 

ヘッドライトクリーナー ゼロリバイブで施工している画像です。

ブランド シュアラスター
価格 955円
内容量 70ml
施工可能台数 普通車2台分
溶液タイプ 一体型タイプ
液性 アルカリ性
効果:〇
使いやすさ:〇
コスパ:◎

時間:◎

研磨剤とコーティング剤が一緒のタイプで、施工工程の短さとコスパの良さが光る商品でした。ヘッドライトクリーナーを付属のクロスに付けて磨くだけなので、時短を求める方にはおすすめです。

また、ワゴンRで検証しましたが、この値段で普通車2台分は施工できる容量があります。

ただ、上位の商品と比べると汚れの除去力がやや劣ります研磨とコーティングを同時に施工するものなので、1回の施工で透明感を感じられませんでした。

一体型タイプだからこそ、根気よく磨いていく必要があるでしょう。

5位:呉工業  LOOX(ルックス)ヘッドライト クリア&プロテクト

LOOX(ルックス)ヘッドライト クリア&プロテクトで施工している画像です。また、コーティング剤の液体がなかなかでないところを表している画像です。

ブランド 呉工業
価格 1,352円
内容量 40ml
施工可能台数 普通車2台分
溶液タイプ 溶剤タイプ
液性 中性
効果:〇
使いやすさ:〇
コスパ:〇
時間:△

溶剤タイプのため、ヘッドライトをこずらず簡単に落とせます。付属品にクロスと保護手袋がついているため、すぐに作業に取り組める点も魅力の1つです。

しかし、コーティング剤がなかなか出にくく、付属クロスが不織布のためコーティングが難しい点がデメリットです。ムラになりやすく、コーティング剤を薄く伸ばしにくいため、施工に時間がかかります。

また、乾燥推奨時間は24時間のため、屋外で愛車を駐車している方には難しいでしょう。


6位:リンレイ ウルトラハードクリーナー&コーティングヘッドライト用 

ウルトラハードクリーナー&コーティングヘッドライト用 で施工している画像です。また、説明所がテキストベースで複雑なため見にくいと訴えている画像になります。

ブランド リンレイ
価格 893円
内容量 80ml
施工可能台数 普通車1台分
溶液タイプ 溶剤タイプ
液性 クリーナー:アルカリ性
コーティング液:中性~弱アルカリ性
効果:〇
使いやすさ:△
コスパ:△
時間:△

全体的に綺麗になりますが、頑固な黄ばみ汚れは取れないので、頻繁にヘッドライトの汚れを取る方には良いかもしれません。溶剤タイプなので傷を付けることなく汚れを落とせますが、各液剤が片手で開閉できず不便です。

また、施工工程が多いため、時短で作業したい方にはおすすめできません。使用方法の説明が基本的にテキストベースで、文章量が多いため理解しながら進めるのに時間がかかってしまいます。

7位:カーオール ヘッドライトくすみ取り透明度保護COATプラス

ヘッドライトくすみ取り透明度保護COATプラスで施工している写真です。付属スポンジがでかすぎて、逆に施工しにくいことを表しています。

ブランド カーオール
価格 559円
内容量 80ml
施工可能台数 普通車8台分
溶液タイプ 一体型タイプ
液性 中性~弱アルカリ性
効果:△
使いやすさ:〇
コスパ:◎
時間:◎

内容量が圧倒的に多く、普通車8台分を施工できるのが大きな特徴です。

また、一体型タイプなので楽に施工ができます。

しかし、スポンジの大きさが仇となり、上記画像のようなバンパーだと意図せず当たってしまい、溶剤がボディーに付着する恐れがあります。

検証の結果、あまりヘッドライトの黄ばみを落とせず、2分ほど磨き続けましたが汚れを取り切れませんでした。

8位:プロスタッフ 魁磨き塾 ヘッドライトコンパウンドラク速

魁磨き塾 ヘッドライトコンパウンドラク速で施工している写真です。

ブランド プロスタッフ
価格 583円
内容量 45ml
施工可能台数 普通車2台分
溶液タイプ 一体型タイプ
液性 中性
効果:△
使いやすさ:◎
コスパ:◎
時間:〇

スティックタイプのため、手を汚すことなく作業ができます。楽さと使いやすさを追求したい方にはおすすめの商品です。

しかし、肝心の効果はイマイチで、時間をかけて磨きましたが黄ばみを落としきれませんでした。施工時に使いやすい商品ですが、単純に汚れが落ちにくいため磨き作業で時間がかかりました。

黄ばみを放置するリスク

ここでは、ヘッドライトの黄ばみを放置してはいけない理由を解説します。ヘッドライトが黄ばむと光の透過率が低下します。

その結果、視界不良となり夜間や悪天候時の事故のリスクが高まります。例えば、夜間に運転していると歩行者や障害物に気付くのが遅れる危険性があります。

また、ヘッドライトの光量不足は車検基準に大きく影響します。国土交通省ヘッドライトの光量を6,400cd以上と定めており、基準以下だと通りません。

令和6年8月から車検基準が変更され、ロービームの明るさが重要視されるようになりました。

出典:国土交通省

つまり、ヘッドライトを綺麗に維持する重要性が高まっています。大事に至る前に、今回ご紹介したヘッドライトクリーナーで汚れを取り除くなど、定期的なメンテナンスを心がけましょう。

まとめ

ヘッドライトクリーナーのおすすめ商品を、ランキング形式で8選ご紹介しました。ヘッドライト黄ばみ取りの商品は多くの種類があり、商品選びに困るかと思います。

商品選びに失敗したくない場合は、商品のタイプごとで自分の車の状態や使用シーンに合ったクリーナーを選ぶことがポイントです。

しかし、それでも決め切れないという方も多いと思います。その際は、本記事で紹介したおすすめの製品を参考に、自分に合ったヘッドライトクリーナーを見つけてください。

最強ランキング1位の、おさるのサルピカ「クリアライト」はモビフル編集部のイチオシ商品です。黄ばみの除去力と使いやすさがピカイチなので、楽をしつつ汚れをごっそり落としたい方に本当におすすめです。

\スプレーするだけ!スプレーで黄ばみが落ちる

おさるのスゴピカ クリアライトおさるのスゴピカ クリアライト

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる