【2024年1月版】スタッドレスタイヤの安い時期・安い店をプロが解説

【2023年8月版】スタッドレスタイヤの安い時期・安い店をプロが解説

車の所有者にとって冬に用意しなくてはいけないものといえば、スタッドレスタイヤです。

車の維持は駐車場代など色々と出費がかかるので、少しでも出費を抑えたい人は安くタイヤを購入したいと思っている人もいるでしょう。

今回は、スタッドレスタイヤの安い時期・安い店などについて、詳しく解説します。

目次

スタッドレスタイヤの一番安い時期とは?

スタッドレスタイヤが安い時期は9〜10月といわれています。その理由、そしてお得なネット通販の利用などについて、以下より説明しましょう。

なぜ需要期の前後が安いの?

スタッドレスタイヤが最も安くなるのはシーズン前の9〜10月です。なぜピーク時の前である9〜10月が一番安くなるでしょうか。

スタッドレスタイヤの出番がやってきて需要が急増する時期は、全国平均で見ると本格的に冬が始まる11〜1月といわれています。

ピーク時に発生する需要を分散させるために、ピーク時を避けた9〜10月にスタッドレスタイヤを早期割引という名目で販売しているのです。

そのため、9〜10月ごろだとお手頃な価格でスタッドレスタイヤを購入することができます

また、シーズン終了後も処分セールと銘打って安く販売しています。これは在庫処分という役割もあるので、安価で購入できるのです。

ネット通販なら安く買える

店舗を持たないネット販売店は、キャンペーンやクーポンというサービスを頻繁に行っています。これを利用して買い物すると店舗型の業者と比較して3割から4割ほど安く購入できるのです。

業者でタイヤ購入をした場合タイヤ交換もやってくれますが、ネット通販だと製品の購入しかできません。

そのため、自分で交換するか専門店でタイヤ持ち込みで交換依頼をする手間がかかりますが、それでも1~2万円ほどは安く済みます。
格安タイヤのオンラインショップで有名なのは「オートウェイ」です。

タイヤの購入と取付予約を同時にするなら「TIREHOOD」

スタッドレスタイヤの購入及びタイヤ交換をすぐに済ませたい人は、ネットサービス【TIREHOOD】がおすすめです。

「TIREHOOD」を利用すると、タイヤ選びから最寄りの業者探しと予約をスマホだけで完了することができます。そして、予約して即日にタイヤ交換を終わらせることも可能です。

TIREHOOD(タイヤフッド)
TIREHOOD(タイヤフッド)

スタッドレスタイヤが安いお店はどこ?

スタッドレスタイヤを最も安く購入する方法は、ネットオークションや中古品売買専門サイトを利用した購入です。この方法であれば、定価の数分の1というかなりの安価で購入できるでしょう。

ネットオークションなどで注意すべきは、それは既に使用済みという点です。
なかには何年も使用して相当劣化しているものもあるので、使用しても元々の優れた性能を発揮しないで、最悪事故を招く可能性もあります。

ネットオークションや中古売買サイトを利用する場合は、品質をしっかりと確認しなくてはいけません。

確実に安価で入手するにはネット通販がお得です。他の業者で販売されている料金より50%ほど安く購入できます。

何よりも安さにこだわりたい人は、格安タイヤ専門店「オートウェイ」などのネット通販がおすすめです。

ただし、ディーラーやカー用品専門店、ガソリンスタンドなどはタイヤ交換の作業もやってくれて30〜1時間ほどで済むので、交換もすぐに済ませたい人は業者に頼むといいでしょう。

スタッドレスタイヤは「安いものを毎年買う」?

スタッドレスタイヤを購入する際、どこにこだわったらいいのでしょうか。次より解説しましょう。

値段の安さより性能重視で選ぶべき

安さにこだわるあまり、無名メーカーの低品質のものや、ネットオークションで購入した劣化した中古品を購入すると、事故を引き起こす可能性もあります。

そのため、まずはスタッドレスタイヤの本来の目的を見直して、タイヤ選びの際は性能に注目しましょう。ブリヂストンを筆頭に日本が世界に誇る各メーカーからは、高性能のスタッドレスタイヤがいくつも製造・販売されています。

タイヤは年々バージョンアップされて、危険なアウトバーンや雪道にも対応できる性能を搭載して、冬の運転を事故発生率の高い環境から保護してくれます。

スタッドレスタイヤを購入する際は、価格よりもまずはそのタイヤのスペックを確認してから購入するかどうか決めるのも、ひとつの手段といえるでしょう。

あわせて読みたい
スタッドレスタイヤの値段は?4本の方がお得?安く買う方法まとめ 毎年肌寒くなる季節が到来するとスタッドレスタイヤに交換しなきゃな、と思う人もいるでしょう。事故防止になるスタッドレスタイヤですが、できれば安く済ませたいもの...

コスパ重視なら中古の信頼できるメーカーを選ぶ

コストパフォーマンスを重視するなら、中古でもブランド力のあるメーカーの製品を選ぶようにしましょう。近年ではタイヤのゴムの品質も向上して、3年といわれていたタイヤの寿命も上がっています。なかには使用頻度が高い状態でも4年ほど長持ちするスタッドレスタイヤもあるのです。

また、中古専門店だと旧モデルのタイヤは安く販売されていますが、一流メーカーであったら旧モデルのスタッドレスタイヤでも十分にハイスペックです。中古・旧モデルであっても、無名のメーカーではなく、ブリヂストンなどの国内・海外の有名メーカーの製品を購入するようにしましょう。

TIREHOOD(タイヤフッド)
TIREHOOD(タイヤフッド)

まとめ

スタッドレスタイヤは、冬の路面を対象とした製品なので、季節によって売り上げが左右されるものです。

季節ものといわれる製品は旬の時期とそうでない時期がはっきりと分かれており、スタッドレスタイヤも例外ではありません。

旬の時期を外して購入することが、お金をかけずに購入する秘訣です。また購入方法によっても金額は変動するので、購入方法の種類も把握しておくことが大事です。

安く入手することに固執するあまり、粗悪品を購入しないことも忘れないでおきましょう。

\Makuakeプロジェクト現在439%達成
未塗装樹脂コーティング 未塗装樹脂コーティング

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる